スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害が起こる原因とは?

    0




      パニック障害が起こる原因について、考えてみたいと思います。

      パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう病気です。

      その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には、動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などがありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないだろうかと恐怖を感じてしまうほどです。

      そういう恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるのみでも非常に恐怖を感じてしまいます。

      では、そういった症状はどうして起きるのでしょう?

      まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。

      これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうなんですよ。

      ノルアドレナリンやセロトニンといったホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関与していると考えられています。

      それでは、パニック障害は、性格的な問題とは全く無縁なのでしょうか?

      うつ病やその他の心身症では、精神的なストレスが大きな原因と考えられているのです。

      それに対してパニック障害は、ストレスが主な原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)であるとは思われていないようです。

      しかし、パニック障害を起こしやすい性格というのはあるみたいです。

      それは、何事に関しても不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じやすい性格の人です。

      几帳面(プラスのイメージのある言葉で、どちらかというと褒め言葉でしょう)であったり、神経質であったり、人の目を気にしすぎるような人はパニック障害を起こしやすいと呼ねれているのです。

      その他にも、過労や不規則な生活、生活環境の著しい変化、カフェインの多量摂取などでもパニック障害を引き起こすと考えられています。










      <PR>
      【効率よく英語を覚える】英語が話せるようになるには?
      夏までにムダ毛を処理したい方!おすすめの除毛クリームはコレ!

      続きを読む >>

      パニック障害は呼吸法でよくなる?

      0




        パニック障害が呼吸法で良くなるなんて、パニック障害の治療を何年も続けていらっしゃる方にとっては信じられないような話ですね。

        けれど、これにはちゃんとした理由があるそうです。

        突発的にパニック発作が起こると、自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)は大きく乱れ、動悸が激しくなったり、息苦しくなったり、吐き気がしたりするなどの症状を発症するんです。

        つまり、自律神経が大きく乱れないようにしてあげれば、動悸や息苦しさ等のパニック発作は治まると言う訳ですが、自律神経は自分の意志で自由にコントロール出来るものではありません。

        でも、一つだけ、自らの意思で自律神経を整えることができる方法があります。

        それが「呼吸」なのです。

        この呼吸法をマスターする事により、パニックの発作が起こりそうな場面では呼吸して自律神経を落ち着かせ、不安な気持ちを抑制したり、発作を未然に防ぐ事が可能となります。

        呼吸法は、何度も何度も練習して、しっかりと体に覚えこませる必要があるかもしれません。

        そうしないと、発作に移行紫蘇うになった場合に、簡単に呼吸法が実践出来ないからです。

        薬によってパニック障害の症状を抑える事は可能ですが、それだけだと完治や克服することは出来ません。

        呼吸法(ヨガや気功、エクササイズや筋トレなどでも重視されています)によっても自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)をコントロールし、自分をリラックスした状態に持っていけるようになれば、段々と薬の量をへらしても発作を抑えられるようになります。

        だまされたと思って、ぜひ試してみてください。











        続きを読む >>

        パニック障害は薬で完治する?

        0




          パニック障害は薬で完治するものなのでしょうか?

          一般に、パニック障害と診断された場合は、薬物療法が始まります。

          パニック障害で使われる薬は、抗不安薬や抗うつ薬です。

          しかし、飲んだからといって、即効で治るわけではありません。

          抗うつ薬は、効果が現れるまでに2〜三週間かかります。

          その間、薬をずっと飲み続けなければなりません。

          また、薬には相性があるため、処方された薬が自分に合っているとは限りません。

          パニック障害の場合は、強い不安を感じますから、その不安に対処するために、抗不安薬が併用して出されます。

          抗不安薬にも様々な種類があり、短期作用型・中期作用型・長期作用型という風に作用時間が畭なっています。

          抗不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)薬は、予期不安や広場恐怖に対する不安を和らげる効果が期待できます。

          また、抗不安薬を持っているというだけでも、安心感が得られる場合があるでしょう。

          これは患者にとっては、大きな意味があるためす。

          薬は医師と相談した上で、症状に合ったものが出されます。

          パニック障害は、大抵は一時的な疾患なんですが、その間を乗り切るためにも、薬での治療は大切です。

          ただ、特効薬ではない為、治すための薬ではなく、症状を和らげるための薬であると認識した方が良さそうです。

          それに、薬に頼りっぱなしでは、完治したことにならないでしょう。

          最終的には、薬を服用することなく、パニック障害を克服する必要があります。










          <PR>
          子宮筋腫の治療法!子宮筋腫を自宅で改善させるには?
          高校受験で合格するには?高校受験の勉強法!

          続きを読む >>

          calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>
          PR
          商品情報
          selected entries
          categories
          archives
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM