スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害が起こる原因とは?

    0




      パニック障害が起こる原因について、考えてみたいと思います。

      パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう病気です。

      その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には、動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などがありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないだろうかと恐怖を感じてしまうほどです。

      そういう恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるのみでも非常に恐怖を感じてしまいます。

      では、そういった症状はどうして起きるのでしょう?

      まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。

      これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうなんですよ。

      ノルアドレナリンやセロトニンといったホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関与していると考えられています。

      それでは、パニック障害は、性格的な問題とは全く無縁なのでしょうか?

      うつ病やその他の心身症では、精神的なストレスが大きな原因と考えられているのです。

      それに対してパニック障害は、ストレスが主な原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)であるとは思われていないようです。

      しかし、パニック障害を起こしやすい性格というのはあるみたいです。

      それは、何事に関しても不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じやすい性格の人です。

      几帳面(プラスのイメージのある言葉で、どちらかというと褒め言葉でしょう)であったり、神経質であったり、人の目を気にしすぎるような人はパニック障害を起こしやすいと呼ねれているのです。

      その他にも、過労や不規則な生活、生活環境の著しい変化、カフェインの多量摂取などでもパニック障害を引き起こすと考えられています。










      <PR>
      【効率よく英語を覚える】英語が話せるようになるには?
      夏までにムダ毛を処理したい方!おすすめの除毛クリームはコレ!

      続きを読む >>

      パニック障害は呼吸法でよくなる?

      0




        パニック障害が呼吸法で良くなるなんて、パニック障害の治療を何年も続けていらっしゃる方にとっては信じられないような話ですね。

        けれど、これにはちゃんとした理由があるそうです。

        突発的にパニック発作が起こると、自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)は大きく乱れ、動悸が激しくなったり、息苦しくなったり、吐き気がしたりするなどの症状を発症するんです。

        つまり、自律神経が大きく乱れないようにしてあげれば、動悸や息苦しさ等のパニック発作は治まると言う訳ですが、自律神経は自分の意志で自由にコントロール出来るものではありません。

        でも、一つだけ、自らの意思で自律神経を整えることができる方法があります。

        それが「呼吸」なのです。

        この呼吸法をマスターする事により、パニックの発作が起こりそうな場面では呼吸して自律神経を落ち着かせ、不安な気持ちを抑制したり、発作を未然に防ぐ事が可能となります。

        呼吸法は、何度も何度も練習して、しっかりと体に覚えこませる必要があるかもしれません。

        そうしないと、発作に移行紫蘇うになった場合に、簡単に呼吸法が実践出来ないからです。

        薬によってパニック障害の症状を抑える事は可能ですが、それだけだと完治や克服することは出来ません。

        呼吸法(ヨガや気功、エクササイズや筋トレなどでも重視されています)によっても自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)をコントロールし、自分をリラックスした状態に持っていけるようになれば、段々と薬の量をへらしても発作を抑えられるようになります。

        だまされたと思って、ぜひ試してみてください。











        続きを読む >>

        パニック障害は薬で完治する?

        0




          パニック障害は薬で完治するものなのでしょうか?

          一般に、パニック障害と診断された場合は、薬物療法が始まります。

          パニック障害で使われる薬は、抗不安薬や抗うつ薬です。

          しかし、飲んだからといって、即効で治るわけではありません。

          抗うつ薬は、効果が現れるまでに2〜三週間かかります。

          その間、薬をずっと飲み続けなければなりません。

          また、薬には相性があるため、処方された薬が自分に合っているとは限りません。

          パニック障害の場合は、強い不安を感じますから、その不安に対処するために、抗不安薬が併用して出されます。

          抗不安薬にも様々な種類があり、短期作用型・中期作用型・長期作用型という風に作用時間が畭なっています。

          抗不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)薬は、予期不安や広場恐怖に対する不安を和らげる効果が期待できます。

          また、抗不安薬を持っているというだけでも、安心感が得られる場合があるでしょう。

          これは患者にとっては、大きな意味があるためす。

          薬は医師と相談した上で、症状に合ったものが出されます。

          パニック障害は、大抵は一時的な疾患なんですが、その間を乗り切るためにも、薬での治療は大切です。

          ただ、特効薬ではない為、治すための薬ではなく、症状を和らげるための薬であると認識した方が良さそうです。

          それに、薬に頼りっぱなしでは、完治したことにならないでしょう。

          最終的には、薬を服用することなく、パニック障害を克服する必要があります。










          <PR>
          子宮筋腫の治療法!子宮筋腫を自宅で改善させるには?
          高校受験で合格するには?高校受験の勉強法!

          続きを読む >>

          パニック障害診断チェック!

          0




            最近、なんだか息苦しくて

            とか、動悸がするとか、理由もなく不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感があると言った症状がありませんか?

            いつもの暮らしは支障なく過ごせていることでしょうか?

            以前と比べて、過ごしにくさを感じているのであれば、それはもしかすれね、パニック障害なのかもしれませんね。

            病院に行くほどではないと思っていたとしても、一度事前にチェックしてみることをお勧めします。

            今はインターネットで調べると、簡単にチェックすることができますので、試しにやってみると良いでしょう。

            では、代表的なチェック項目を挙げてみます。

            ○訳もなく胸がドキドキしたり、脈が速くなったりすることはありますか?

            ○息苦しさや息切れを感じたりしますか?

            ○めまいやふらつき、気が遠くなる感覚になりますか?

            ○胸の痛みや圧迫感を感じますか?

            ○体の震えを感じたりしますか?

            ○窒息感や喉の詰まりを感じたりしますか?

            ○自分が自分でないような感覚になりますか?

            ○自分が気が狂ってしまいそうな感覚と思いますよか?

            ○自分が死んでしまうのではないかという恐怖を感じますか?

            ○体がしびれたりしますか?

            ○冷や汗をかいたりしますか?

            ○体の火照りを感じますか?

            こういった症状に思い当たる人は、数が多ければ多いほど、パニック障害の可能性があるかもしれません。

            パニック障害の疑いが濃厚だと思われる場合は、早めに専門医を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。











            続きを読む >>

            パニック障害になったら病院の何科に通う?

            0




              パニック障害と言う病気が一般的に知られるようになったのは、まださいきんの事ですので、病院を受診しても専門医でないと、はっきりパニック障害だと診断されるケースはなかなかありません。

              パニック障害は動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)や呼吸困難といった症状が表れる為、患者自身でも多くの場合、心臓疾患や呼吸器疾患と勘違いして内科を受診します。

              けれど、パニック障害は内臓の病気ではありませんのでに、内科では異常をみつけることは出来ません。

              場合によっては、自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)や過呼吸症候群等と診断されてしまうケースもあります。

              もし、異常の原因が判らなかったり、治療の効果が全く実感できなかったりした場合には、早急に心療内科や神経科、もしくは、精神科や精神神経科を受診して下さい。

              パニック障害は、少しでも早く治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を開始する事で、早期の回復が望める病気でもあるためです。

              また、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を担当してくれる医師を選ぶ際にも、人から勧められたからとか、有名な医師だから等の理由だけで選ぶことがないようにします。

              パニック障害はデリケートな病気ですので、自分に合わないと少しでも感じるようであれば、無理をする必要はありません。

              不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を感じるような医師からの治療では、この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)はいつまで経っても回復には向かわありません。

              真剣に話を聞いてくれて素直に心を開く事が出来、今後の治療方法などを丁寧に説明してくれるような医師に出会えるまで、何軒でも病院を選んで良いと思いますよ。










              <PR>
              口臭の原因は?口臭を解決させる方法!
              うつ病を克服するには?うつ病の治し方ならコレ!

              続きを読む >>

              パニック障害と自律神経失調症は関係性について

              0




                パニック障害と自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)には、どのような関係があるのでしょう?

                実際に、パニック障害と自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)は、とても症状が似通っていると思います。

                なので、診断を付けることはとても難しいと言います。

                自律神経失調症は、交感神経と副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)のバランスが乱れた状態で、それにより様々な症状を引き起こします。

                代表的な症状としては、動悸・発汗・頻脈・下痢や便秘を繰り返すといったものが現れます。

                これは、特に意識していなくても起こります。

                また、パニック障害の原因としては、脳の神経伝達物質の異常が要因で起きていると言われています。

                うつ病などは精神的なストレスが要因になることが多いですが、パニック障害はそうでないことが多いと考えられているのです。

                パニック障害の主な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)で、パニック発作がありますよね。

                パニック発作はちょっとした刺激に敏感に反応して起こります。

                動悸や冷や汗などといった症状が、激しい発作として起こるのですが、そのあまりの激しさは死を感じてしまうほどです。

                しかし、発作の時間としては、そう長く続くものではない場合がほとんどです。

                パニック発作の症状自体は激しいものの、その状態が生涯続くと言った物ではなく、月日が経つにつれて発作が軽くなっていってます。

                ただ、軽くはなるのですが、持続的なものになっていくことが多いようです。

                これをパニック障害の残遺症状と呼んでいるのです。

                そして、その残遺症状は自律神経失調症(本態性型自律神経失調症、心身症型自律神経失調症、神経症型自律神経失調症、抑うつ型自律神経失調症の四つに分類されています)の特徴によく当てはまっているのです。











                続きを読む >>

                パニック障害になった芸能人

                0




                  現在では、パニック障害という病名は一般的に知られるようになってきましたねが、以前はあまり知られていない病気でした。

                  けれど、その頃から、このパニック障害に掛かっていた芸能人の方は数多くいらっしゃったようです。

                  例えば、アン・ルイスさん。

                  かつてはヒット曲もだして、ロックの女王と呼ばれていましたが、実は迫力あるライブパフォーマンスの影でパニック障害に苦しんでいたそうです。

                  緊張した状況に身を置くとパニック症状が発症するので、ステージに立つのはむつかしいと判断し、歌手活動を無期限で休業されました。

                  円広志さんも、パニック障害を発症して不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感に追い詰められて行き、最後は鬱まで併発して仕事を休業するまでになってしまいました。

                  けれど、治療の段階で不安感との上手な付き合い方をマスターされたようで、現在では無事復帰されているのです。

                  有名な方では、お笑いコンビ「中川家」のお兄さん、中川剛さんがよくテレビでカミングアウトされていますね。

                  それに、ジャニーズファンの方の間では有名なようですが、「Kinki Kids」の堂本剛さんも過呼吸型のパニック障害を患っていただといえるでしょう。

                  また、長嶋一茂さんも、長嶋茂雄さんの息子と言う事で過剰なプレッシャーを受け、そのストレスから過呼吸型のパニック障害を発症されました。

                  芸能界は、普通の社会よりもかなり強いプレッシャー(それだけ期待されているということなんでしょうが、負担に感じてしまうことも少なくないでしょう)やストレスを感じる世界だと思われますので、このようなパニック障害を発症しやすい状況にあるのではないでしょうか。










                  <PR>
                  わきがを改善するには?自分でできるわきが治療!
                  対人恐怖症の治療は?自宅で対人恐怖症を改善させる!

                  続きを読む >>

                  パニック障害になるとどんな症状がでるのか?

                  0




                    パニック障害になると、どんな症状が出るのでしょうか?

                    パニック障害の特徴的な症状としては、激しいパニック発作です。

                    そのパニック発作は、あまりに激しいために、もう死んでしまうかもしれないと思うくらいです。

                    また、特に何の前触れもなく、いきなり発作が起きることが多いのです。

                    それでは、主なパニック障害の症状を以下にまとめてみます。

                    ○動悸が激しい。

                    ○冷や汗が出る。

                    ○頻脈、呼吸が速くなる。

                    ○息苦しい、呼吸が出来ない。

                    ○手や足が震える。

                    ○胸(昔から心はここにあると考えられてきました)が痛む。

                    ○吐き気がする。

                    ○めまいやたちくらみ。

                    ○寒気を感じる。

                    ○体や顔が火照る。

                    ○自分が自分でないような非現実的な感じがする。

                    ○しびれやピリピリ感を感じる。

                    ○もう死んでしまうのではないかと言った恐怖に襲われる。

                    ○気が狂うかもしれないという恐怖を感じる。

                    このような症状は発作として、何の前触れもなく始まり、およそ5分〜30分ぐらい続き、自然に治まります。

                    症状は一つだけでなく、同時に複数起こります。

                    そして、くりかえし繰り返すのも特徴です。

                    このような症状が起きる事により、日常生活に支障をきたしてしまうことをパニック障害と言うのです。

                    症状が進むと、発作が起こることに対する恐怖感が芽生えてくることも多く、これを予期不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)と呼ぶのです。

                    予期不安が酷くなると、広場恐怖を招く場合があり、そうなると一人で外を歩けなくなる事もあるかもしれませんね。

                    最初の頃は激しい発作が頻繁に起こりますが、月日の経過と共に頻度も少なくなって、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)も軽くなっていきます。










                    <PR>
                    対人恐怖症の原因は?対人恐怖症を克服する方法はコチラ!
                    視力を回復するには?視力回復トレーニング法!

                    続きを読む >>

                    パニック障害は子供でもなる?

                    0




                      最近では、一般的にも認知されるようになった病気のパニック障害ですが、ひょっとすれね大人だけが引き起こる病気だとは思っていませんか?

                      確かに、20代の男性や三十代の女性に多いと言われているパニック障害ですが、実は子供でも発症する可能性が十分にある事が判って来ています。

                      例えば、運動もしていない状況で子供が突然、「息がくるしい」、「心臓がドキドキする」、「気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が悪い」等と頻繁に訴えるようであれば、一応パニック障害を疑ってみる必要があるかもしれません。

                      子供が大袈裟に表現しているだけだと思い込み、その状態をそのまま放っておいたりすると、症状が進行していき、うつ病と言った大変な病気にまで発展してしまったりするリスクがあるからです。

                      その際、心配だからといきなり専門の病院に連れて行ってしまっては、子供は「自分が異常なのだ」と決め付けられたような気がして、深く傷つく可能性があります。

                      まずは、お住まいの市町村内に存在している教育相談センターで、状況を説明して相談してみましょう。

                      教育相談センターには、臨床心理士の資格を持っているカウンセラー(基本的には、具体的なアドバイスや対策を提案するわけではなく、あくまでもクライアントが悩みなどを解決するサポートをするだけです)の先生がいることも多いので、とても参考になると思います。

                      ちなみに、パニック障害には、親が以前にパニック障害だったと言った遺伝的要素も関連しているだといえると思います。

                      そう言った事から、もしも、家族や親戚が過去にパニック障害の症状を発症した事があるような場合には、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)もパニック障害である可能性が高くなってしまっただといえるはずです。











                      続きを読む >>

                      パニック障害は認知療法で良くなる?

                      0




                        パニック障害の治療方法には、一般的に薬物療法と認知行動療法があります。

                        薬物療法は、薬を飲む事によって、突発的なパニック発作や予期不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)、広場恐怖、その他の動悸や息切れ等の症状を抑える効果があるでしょう。

                        けれど、薬物療法は結局のところ、薬で症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を「抑える」効果しかありません。

                        パニック障害を根本的に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)することは出来ないのです。

                        そこで、認知療法が有効となってきます。

                        認知療法は、精神的な悩みの問題解決に役立つ心理療法で、うつの患者の為に作られたものですが、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の成果を上げた為、世界に広がりました。

                        うつ、不安、パニック、嫉妬、罪悪感等に代表される気持ち(その時々で変化していくものです)の問題から、人間関係やストレス等にも有効である証明されています。

                        パニック障害における認知療法とは、簡単に言うとパニック障害を患っている方の誤った考え方や認知の仕方を変えて行く治療方法で、特に広場恐怖に有効だと言われています。

                        自分の苦手とする場所や状況において、このようになるとパニックが起こると言う事をまず認める事から始めます。

                        そして、思い込みや考え方の間違いを認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)して物の見方を変え、自分で自分をコントロール出来るようにされて下さい。

                        認知療法にはいくつかのポイントがあり、呼吸法やリラクセーション、イメージトレーニングを取り入れて上手に進めるコツもあります。

                        出来れば、専門の医師の指導に基づいて行ったり、認知療法の本を熟読して知識を深めたりしてから、実践される事をお勧めします。











                        続きを読む >>

                        calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        商品情報
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM