<< パニック障害は呼吸法でよくなる? | main |

スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害が起こる原因とは?

    0




      パニック障害が起こる原因について、考えてみたいと思います。

      パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう病気です。

      その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には、動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などがありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないだろうかと恐怖を感じてしまうほどです。

      そういう恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるのみでも非常に恐怖を感じてしまいます。

      では、そういった症状はどうして起きるのでしょう?

      まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。

      これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうなんですよ。

      ノルアドレナリンやセロトニンといったホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関与していると考えられています。

      それでは、パニック障害は、性格的な問題とは全く無縁なのでしょうか?

      うつ病やその他の心身症では、精神的なストレスが大きな原因と考えられているのです。

      それに対してパニック障害は、ストレスが主な原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)であるとは思われていないようです。

      しかし、パニック障害を起こしやすい性格というのはあるみたいです。

      それは、何事に関しても不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じやすい性格の人です。

      几帳面(プラスのイメージのある言葉で、どちらかというと褒め言葉でしょう)であったり、神経質であったり、人の目を気にしすぎるような人はパニック障害を起こしやすいと呼ねれているのです。

      その他にも、過労や不規則な生活、生活環境の著しい変化、カフェインの多量摂取などでもパニック障害を引き起こすと考えられています。










      <PR>
      【効率よく英語を覚える】英語が話せるようになるには?
      夏までにムダ毛を処理したい方!おすすめの除毛クリームはコレ!

      -----

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.12.03 Tuesday
        • -
        • 10:55
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        商品情報
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM