| main | パニック障害になるとどんな症状がでるのか? >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害は認知療法で良くなる?

    0




      パニック障害の治療方法には、一般的に薬物療法と認知行動療法があります。

      薬物療法は、薬を飲む事によって、突発的なパニック発作や予期不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)、広場恐怖、その他の動悸や息切れ等の症状を抑える効果があるでしょう。

      けれど、薬物療法は結局のところ、薬で症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を「抑える」効果しかありません。

      パニック障害を根本的に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)することは出来ないのです。

      そこで、認知療法が有効となってきます。

      認知療法は、精神的な悩みの問題解決に役立つ心理療法で、うつの患者の為に作られたものですが、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の成果を上げた為、世界に広がりました。

      うつ、不安、パニック、嫉妬、罪悪感等に代表される気持ち(その時々で変化していくものです)の問題から、人間関係やストレス等にも有効である証明されています。

      パニック障害における認知療法とは、簡単に言うとパニック障害を患っている方の誤った考え方や認知の仕方を変えて行く治療方法で、特に広場恐怖に有効だと言われています。

      自分の苦手とする場所や状況において、このようになるとパニックが起こると言う事をまず認める事から始めます。

      そして、思い込みや考え方の間違いを認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)して物の見方を変え、自分で自分をコントロール出来るようにされて下さい。

      認知療法にはいくつかのポイントがあり、呼吸法やリラクセーション、イメージトレーニングを取り入れて上手に進めるコツもあります。

      出来れば、専門の医師の指導に基づいて行ったり、認知療法の本を熟読して知識を深めたりしてから、実践される事をお勧めします。











      -----

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.12.03 Tuesday
        • -
        • 14:07
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        商品情報
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM