| main | パニック障害になるとどんな症状がでるのか? >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害は子供でもなる?

    0




      最近では、一般的にも認知されるようになった病気のパニック障害ですが、ひょっとすれね大人だけが引き起こる病気だとは思っていませんか?

      確かに、20代の男性や三十代の女性に多いと言われているパニック障害ですが、実は子供でも発症する可能性が十分にある事が判って来ています。

      例えば、運動もしていない状況で子供が突然、「息がくるしい」、「心臓がドキドキする」、「気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が悪い」等と頻繁に訴えるようであれば、一応パニック障害を疑ってみる必要があるかもしれません。

      子供が大袈裟に表現しているだけだと思い込み、その状態をそのまま放っておいたりすると、症状が進行していき、うつ病と言った大変な病気にまで発展してしまったりするリスクがあるからです。

      その際、心配だからといきなり専門の病院に連れて行ってしまっては、子供は「自分が異常なのだ」と決め付けられたような気がして、深く傷つく可能性があります。

      まずは、お住まいの市町村内に存在している教育相談センターで、状況を説明して相談してみましょう。

      教育相談センターには、臨床心理士の資格を持っているカウンセラー(基本的には、具体的なアドバイスや対策を提案するわけではなく、あくまでもクライアントが悩みなどを解決するサポートをするだけです)の先生がいることも多いので、とても参考になると思います。

      ちなみに、パニック障害には、親が以前にパニック障害だったと言った遺伝的要素も関連しているだといえると思います。

      そう言った事から、もしも、家族や親戚が過去にパニック障害の症状を発症した事があるような場合には、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)もパニック障害である可能性が高くなってしまっただといえるはずです。











      -----

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.12.03 Tuesday
        • -
        • 14:07
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        商品情報
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM