スポンサーサイト

0
    • 2013.12.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パニック障害診断チェック!

    0




      最近、なんだか息苦しくて

      とか、動悸がするとか、理由もなく不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感があると言った症状がありませんか?

      いつもの暮らしは支障なく過ごせていることでしょうか?

      以前と比べて、過ごしにくさを感じているのであれば、それはもしかすれね、パニック障害なのかもしれませんね。

      病院に行くほどではないと思っていたとしても、一度事前にチェックしてみることをお勧めします。

      今はインターネットで調べると、簡単にチェックすることができますので、試しにやってみると良いでしょう。

      では、代表的なチェック項目を挙げてみます。

      ○訳もなく胸がドキドキしたり、脈が速くなったりすることはありますか?

      ○息苦しさや息切れを感じたりしますか?

      ○めまいやふらつき、気が遠くなる感覚になりますか?

      ○胸の痛みや圧迫感を感じますか?

      ○体の震えを感じたりしますか?

      ○窒息感や喉の詰まりを感じたりしますか?

      ○自分が自分でないような感覚になりますか?

      ○自分が気が狂ってしまいそうな感覚と思いますよか?

      ○自分が死んでしまうのではないかという恐怖を感じますか?

      ○体がしびれたりしますか?

      ○冷や汗をかいたりしますか?

      ○体の火照りを感じますか?

      こういった症状に思い当たる人は、数が多ければ多いほど、パニック障害の可能性があるかもしれません。

      パニック障害の疑いが濃厚だと思われる場合は、早めに専門医を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。











      続きを読む >>

      パニック障害になったら病院の何科に通う?

      0




        パニック障害と言う病気が一般的に知られるようになったのは、まださいきんの事ですので、病院を受診しても専門医でないと、はっきりパニック障害だと診断されるケースはなかなかありません。

        パニック障害は動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)や呼吸困難といった症状が表れる為、患者自身でも多くの場合、心臓疾患や呼吸器疾患と勘違いして内科を受診します。

        けれど、パニック障害は内臓の病気ではありませんのでに、内科では異常をみつけることは出来ません。

        場合によっては、自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)や過呼吸症候群等と診断されてしまうケースもあります。

        もし、異常の原因が判らなかったり、治療の効果が全く実感できなかったりした場合には、早急に心療内科や神経科、もしくは、精神科や精神神経科を受診して下さい。

        パニック障害は、少しでも早く治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を開始する事で、早期の回復が望める病気でもあるためです。

        また、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を担当してくれる医師を選ぶ際にも、人から勧められたからとか、有名な医師だから等の理由だけで選ぶことがないようにします。

        パニック障害はデリケートな病気ですので、自分に合わないと少しでも感じるようであれば、無理をする必要はありません。

        不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を感じるような医師からの治療では、この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)はいつまで経っても回復には向かわありません。

        真剣に話を聞いてくれて素直に心を開く事が出来、今後の治療方法などを丁寧に説明してくれるような医師に出会えるまで、何軒でも病院を選んで良いと思いますよ。










        <PR>
        口臭の原因は?口臭を解決させる方法!
        うつ病を克服するには?うつ病の治し方ならコレ!

        続きを読む >>

        パニック障害と自律神経失調症は関係性について

        0




          パニック障害と自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)には、どのような関係があるのでしょう?

          実際に、パニック障害と自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)は、とても症状が似通っていると思います。

          なので、診断を付けることはとても難しいと言います。

          自律神経失調症は、交感神経と副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)のバランスが乱れた状態で、それにより様々な症状を引き起こします。

          代表的な症状としては、動悸・発汗・頻脈・下痢や便秘を繰り返すといったものが現れます。

          これは、特に意識していなくても起こります。

          また、パニック障害の原因としては、脳の神経伝達物質の異常が要因で起きていると言われています。

          うつ病などは精神的なストレスが要因になることが多いですが、パニック障害はそうでないことが多いと考えられているのです。

          パニック障害の主な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)で、パニック発作がありますよね。

          パニック発作はちょっとした刺激に敏感に反応して起こります。

          動悸や冷や汗などといった症状が、激しい発作として起こるのですが、そのあまりの激しさは死を感じてしまうほどです。

          しかし、発作の時間としては、そう長く続くものではない場合がほとんどです。

          パニック発作の症状自体は激しいものの、その状態が生涯続くと言った物ではなく、月日が経つにつれて発作が軽くなっていってます。

          ただ、軽くはなるのですが、持続的なものになっていくことが多いようです。

          これをパニック障害の残遺症状と呼んでいるのです。

          そして、その残遺症状は自律神経失調症(本態性型自律神経失調症、心身症型自律神経失調症、神経症型自律神経失調症、抑うつ型自律神経失調症の四つに分類されています)の特徴によく当てはまっているのです。











          続きを読む >>

          calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>
          PR
          商品情報
          selected entries
          categories
          archives
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM